花名 (Flower Photos)

夏は清々しい花を咲かせるセイヨウカンボク(西洋肝木)Viburnum opulus

ドイツの西南部は夏の陽射しも強くて、正直、長時間の外歩きには不向きです。それでも木陰は涼しいので、その木陰を探しながら歩くのはとても気持ち良いですね。 さて、夏は花が少ない時期でもありますが、もちろん花木は咲いています。その中でもこの...
花風景 (Flowers landscape)

秋には食べ物としても飾りとしても欠かせないカボチャ(南瓜) Cucurbita

10数年前は秋にならないとスーパーで見かけることがなかったカボチャですが、ここ数年でドイツでも年中手に入れることが出来るようになりました。 それでも秋になると登場するカボチャの種類は豊富ですし、相変わらず秋の食べ物ということには変わら...
花名 (Flower Photos)

蕾の姿が面白いセイヨウミズキ(西洋水木)Cornus sanguinea

ようやっと暖かくなって外歩きが楽しくなって来る頃に咲き始める花木。冬の間のお稽古では枝物を使っていけることが少ないので、貴重な花材でもあります。 ミズキ科ということで直ぐに思い出すにはハナミズキ(花水木)。この枝をいけばなとして使う機...
花名 (Flower Photos)

黄金の雨のように咲き誇るキングサリ(金鎖)Laburnum

今年もこの花に出会うことができました。じつは今まで撮っていたキングサリの木が伐採されてしまっていて途方に暮れていたのです。 この花の撮影場所は村役場のある公園の端っこですが、ここもある程度伐採されてしまっていて花付きが心配でしたが、無...
花こころ (IKEBANA)

ハッピーハロウィンをいけばなで Ikebana for Happy Halloween

ハッピーハロウィン ダリア Dahlien ダリアをハロウィンカラーでと思ったのですが、如何でしょうか。 ちなみにドイツでのハロウィンはさほど流行っておりません。 どちらかというと子供向けと言います...
花名 (Flower Photos)

サーカス団の一員のような花 クロタネソウ(黒種草)Nigella

某SNSでこの花のことをサーカスのピエロと形容されているのを読んでから、確かに似ていなくもないかも…と花を見るたびに思い出します。ピエロのあの首のあたりのヒラヒラが特に似ている?かなと。 さて、花弁のように見える部分は萼片(がくへん)...
花こころ (IKEBANA)

紫陽花を小さく可愛くアレンジしてみました Small hydrangea arrangements

いけばな花材として準備をしても、残ってしまうお花はあります。そんなお花たちも再生してイキイキと飾れれば嬉しいですよね。 花器としてガラスのコンポートと普段使っている食器に紫陽花を入れてみました。入れてみたという表現、ちょっと可笑しいか...
花名 (Flower Photos)

綿毛の印象が強烈なキバナムギナデシコ (黄花麦撫子)Tragopogon pratensis

綿毛の方が印象が強く、花を見る機会といいますか、あまり目につかないと言った方が正しいかもしれません。しかもこの巨大な綿毛を一度見ますと、強烈な印象というのでしょうか、やはり目につくので晩夏になるとついつい探してしまうほどです。 一度花...
花名 (Flower Photos)

色とりどりなテンジクボタン(天竺牡丹)ダリア Dahlia

今夏は暑すぎて、なかなか開花しなかったダリアですが、なんとか秋になって綺麗に咲き始めました。 気のせいかもしれませんが、年々開花が遅くなってきているように感じますがダリアの開花期間が長いのかもしれません。 ダリア、ダリアと呼んで...
花名 (Flower Photos)

草原に咲く紫の可憐な花 ムラサキウマゴヤシ(紫馬肥やし)Medicago sativa

可愛い花だったので和名が気になったのですが、なんとまぁ実用的と言いますか、カタカナでは覚えにくい名前ですね。 調べていくと日本でスプライトブームだった頃に新芽をサラダとして使用とありました。日本ではサプリメントが、そしてドイツでは種を...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました