ヒゲキキョウ(髭桔梗)Campanula trachelium

花名 Name

よく観察をしますと花に細かな髭のような柔毛があることから、和名はヒゲキキョウ(髭桔梗)と名付けられています。

ドイツ語名はNesselblättrige Glockenblume(ねっせるぶれったりげ ぐろっけんぶるーめ)、直訳すると「イラクサ葉の鐘花」という具合です。ちなみに英語名も同じ意味。

またしても、見ている角度が違うようです。葉っぱを見るのか花を見るのか。

開花期は7月ですので、公園の片隅で見つけることができました。夏に見る紫色の花は多いのかなと感じます。

また花の形や大きさもちょうど良さそうなので、いけばなにも使えそうだなとも思いました。我が家には桔梗を昨年より植えているのですが、背丈はまだ小さく、花数も多くありません。早く成長をしてもらいたいものです。

花写真 ポートレート

☆この記事は主にドイツ(ドイツ南西部)で見た花を撮影して構成しています。別の地での撮影した写真を掲載の際には可能な限り明記をするようにしています。
☆このブログを通じて、花はどこでも咲くということを実感していただけたら幸いです。
☆写真の著作権は運営者であるHanaKokoroにあります。掲載写真の無断利用を禁止しております。

2021年7月中旬撮影

使用カメラ Nikon D7100
撮影地 ドイツ南西部

基本情報

和名:ヒゲキキョウ(髭桔梗) 
別名:カンパニュラ・トラケリウム
科 属名:キキョウ科 ホタルブクロ属
学名:Campanula trachelium
ドイツ名:Nesselblättrige Glockenblume
英名: Nettle-leaved bellflowe

ドイツにおける背丈

60cmから100cm

ドイツにおける開花期

7月から8月

種類

多年草

原産地

ヨーロッパ

花言葉

日本語の花言葉

カンパニュラ全体の花言葉
「感謝」「誠実な愛」「共感」「節操」「思いを告げる」