ヒイラギメギ(柊目木)Mahonia aquifolium

花名 Name

垣根などで目にする機会の多い花木です。

柊の葉に似てギザギザな葉は、故意に触らなくても触れただけでも痛そうな葉っぱ。

垣根にするのは、その葉っぱだからだと思いますが、剪定の際には大変そうです。

花のつき方は、写真からも分かる通り、固まって咲く特徴があります。花後は小さな実をつけますが、花と同じように固まってついています。

花材としては使ったことはありませんが、使うとしたら、花が咲く前もしくは咲いても数の少ないうちが良いかと思います。

花写真 ポートレート

☆この記事は主にドイツ(ドイツ南西部)で見た花を撮影して構成しています。別の地での撮影した写真を掲載の際には可能な限り明記をするようにしています。
☆このブログを通じて、花はどこでも咲くということを実感していただけたら幸いです。
☆写真の著作権は運営者であるHanaKokoroにあります。掲載写真の無断利用を禁止しております。

2021年3月下旬撮影

使用カメラ Nikon D300
撮影地 ドイツ南西部

基本情報

和名:ヒイラギメギ(柊目木)
別名:オレゴングレープ、トガリバメギ
科 属名:メギ科 メギ属
学名:Mahonia aquifolium
ドイツ名:Gewöhnliche Mahonie oder Stechdornblättrige Mahonie
英名: Oregon grape or holly-leaved barberry

ドイツにおける背丈

100cmから200cm

ドイツにおける開花期

4月から5月

種類

常緑低木

原産地

西部および太平洋の北アメリカ、中央ヨーロッパの森林

花言葉

日本語の花言葉

ーーー

ドイツ語の花言葉

ーーー