ノラニンジン(野良人参)Daucus carota 夏に涼やかな花を咲かせる

花名 Name

夏になると野原や牧草地で咲いているのをよく見かける花です。ヨーロッパが原産の一つということなので、夏には欠かせない花かもしれません。

ドイツ南西部といいましても、夏は30度を越える時があり、そんな時に涼やかに咲き乱れているこの花が風にゆらゆらとしているのを見ると、涼を感じるときがあります。

驚くことに、この花の調理法がアピシウスという古代ローマのレシピ本に書かれているそうです。どんな料理なのか気になりますね。

さて、写真ですが風が吹いているとゆらゆら揺れるので撮りにくい花です。アップでも遠目でも爽やかな感じになります。つぼみの姿も面白いので、ついついたくさん撮ってしまいがちになります。

いけばな花材としても夏には重宝しています。ただし茎が細いので水が下がりやすいですから気をつけなくてはいけません。深水につけておくと元気になります。

花写真 ポートレート

☆この記事は主にドイツ(ドイツ南西部)で見た花を撮影して構成しています。別の地での撮影した写真を掲載の際には可能な限り明記をするようにしています。
☆このブログを通じて、花はどこでも咲くということを実感していただけたら幸いです。
☆写真の著作権は運営者であるHanaKokoroにあります。掲載写真の無断利用を禁止しております。

2020年7月下旬撮影

使用カメラ Nikon D300
撮影地 ドイツ南西部

基本情報

和名:ノラニンジン(野良人参)
別名:
科 属名:セリ科 ニンジン属
学名:Daucus carota subsp. carota
ドイツ名:Wilde Möhre
英名:Wild carrot, bird’s nest, bishop’s lace, and Queen Anne’s lace

ドイツにおける背丈

30cmから100cm

ドイツにおける開花期

6月から9月

種類

二年草

原産地

ヨーロッパ、北アフリカ、マカロネシア、西アジア、中央アジア、コーカサス

花言葉

日本語の花言葉

「幼い夢」

ノラニンジンを使った いけばな