春の花で観水型をいける Kansui-kei with spring flowers

花心 Ikebana

春先の枝と言って、すぐに思いつくのが赤芽柳です。この枝を店頭で見かけると春が近いと感じます。

柳の枝はめることが出来ますが、あまり曲げてしまうと自然に見えなくなるので、注意が必要です。

枝を撓めるとき、形をつけたい方向へねじりながらゆっくり撓めます。

アネモネも春にしか見かけない花なので、見かけた時には使うようにしています。

レザーファンはアネモネの足元に挿していますが、役枝の一つです。レザーファンを客枝きゃくしとして使っています。

なっています。

花型 Arrangement style

観水型

Water-Reflecting Style

盛花 観水型とは…

    • 水面に花(枝)の影を落とすように挿す花型。
    • 水面を広く見せるために花材の挿し位置は、水盤の後方へ寄せます。

花材 Flower material

赤芽柳、アネモネ、レザーファン

Pussy willow, anemone and leather fern

花器 Container

丸水盤

Round basin (suiban)

いけばな Ikebana

生け花は立体ですが、写真で撮ると平面に見えてしまいます。写真用に花を生けてませんので、その点をご了解の上ご覧くださいませ。

作品年月:2020年1月