錦糸卵のようなシナマンサク(支那満作)Hamamelis mollis

花写名 Photo&Name
この記事は約2分で読めます。

ドイツの公園やらでみるマンサクは中国原産のシナマンサクばかりです。

といいますのは、マンサクは生け花でも使う花材ですので、使ってみたいというのが本心。でもシナマンサクはマンサクよりも葉っぱが大きすぎるのが悩みの種でもあるので、ここ(南ドイツ)にはシナマンサクばかりだなという個人的見解です。

園芸店でも主にシナマンサクばりなのですが、やはり一度はいつかは花だけでも使ってみようかなとは思っています。

さて、写真のシナマンサクですが植物園にて撮りました。このお花の特徴としては、リボン状なひらひら感。そして太陽の光が当たるとリボンがキラキラとして可愛らしくなります。その時間帯を狙うのが個人的には結構好きです。

そして前ボケで撮ったり、マクロで寄ったりして、このリボンが錦糸卵に見えると思うので、それをファインダー越しに楽しむのも一興かと思います。

ぜひお試しを♪

スポンサーリンク

花名:和名、学名、ドイツ語名、英語名

和名:シナマンサク(支那満作)
別名:キンロウバイ(金楼梅)
科 属名:マンサク科 マンサク属
学名:Hamamelis mollis
ドイツ名:Chinesische Zaubernuss
英名:Chinese witch hazel

背丈、開花時期

ドイツにおけるこの花の…
背丈は400cm
開花期は1月から3月

種類

落葉

原産地

中国

花言葉

シナマンサクの花言葉
「幸福の再来」

マンサク(Hamamelis japonica)の花言葉
「ひらめき」「呪文」「魔力」「霊感」

花写真

☆この記事は主にドイツ(ドイツ南西部)で見た花を撮影して構成しています。☆このブログを通じて、花はどこでも咲くということを実感していただけたら幸いです。☆写真の著作権は管理人にあります。無断利用を禁止しております。


2020年1月下旬撮影

使用カメラ Nikon D7100
撮影地 ドイツ南西部