セイヨウマユミ(西洋檀)Euonymus europaeus 花よりもピンクの実が萌な樹木

花写名 Photo&Name

秋になると実のなる木々が増えてきますが、その中でもこの木は見つけると飛び上がるほど嬉しくなる木です。

散歩で見かけるこの木は大して背も高くなく、実もまばらについていることの方が多いのですが、さすがは大学の植物園、こんなに大きくてたわわに実がついた状態は初めてでした。

だからというわけではありませんが、この木が散歩途中で見ていた木と同じだとは思えなくて、記事にするのが一年後になってしまったという事情もあります。

植物園にあったこの木は、見上げなければその可愛らしい実に気づくこともなく、でも一度見上げて気づいてしまったら、必ず撮ってしまうモデルさんだと思います。

当時は105の単焦点しか持ち歩いていなかったので、もっと望遠で撮りたいと何度思ったかしれません。日が傾くのが早くなってくる10月後半は、萌な実がさらにキラキラと輝いている頃でしょう。

花材としても是非使いたい実で、今まで2度ほど使ったことがあります。写真のようにたわわについておりますと、その実を活かすいけ方はもちろん、水盤よりもお瓶でいけたくなる花材ですね。

スポンサーリンク

和名、学名、ドイツ語名、英語名

和名:セイヨウマユミ(西洋檀)
別名:
科 属名:ニシキギ科 ニシキギ属
学名: Euonymus europaeus
ドイツ名:Gewöhnliche Spindelstrauch, auch Europäisches oder Gewöhnliches Pfaffenhütchen, Pfaffenkäppchen, Pfaffenkapperl, Spillbaum oder Spindelbaum
英名:Spindle, European spindle, or Common spindle

背丈、開花時期

ドイツにおけるこの花の…
背丈は300cmから600cm
開花期は5月

種類

落葉低木

原産地

ヨーロッパ、西シベリア

日本語の花言葉

ドイツ語の花言葉

花写真

☆この記事は主にドイツ(ドイツ南西部)で見た花を撮影して構成しています。☆このブログを通じて、花はどこでも咲くということを実感していただけたら幸いです。☆写真の著作権は管理人にあります。無断利用を禁止しております。


2019年10月上旬撮影

使用カメラ Nikon D7100
撮影地 ドイツ南西部