年明け最初に見る花 オウバイ(黄梅)Jasminum nudiflorum

花名 (Flower's Name)
この記事は約2分で読めます。

中国原産の花で、中国では旧正月(2月)あたりに咲くところから、迎春花(ゲイシュンカ)と呼ばれている花です。

和名ではオウバイ(黄梅)、つまり梅の花に似ている、ということで名付けられたので、梅とは全く関係ありませんが、黄色い梅というのも悪くはないと思いました。

ドイツ南西部では、この花を1月には見ることができ、この写真も1月に撮った写真です。名前は学名から来ているようで、Winter-Jasmin(冬のジャスミン)と呼ばれています。しかしジャスミンのような香りはありません。

英語名もドイツ語と同じでWinter jasmineと学名から名付けられていますね。

場所によって、その花の印象と言いますか、相変わらず名前の付け方が面白いなと思いました。

花の少ない冬に真っ先に咲く黄色い花。庭にあると春を先取りできそうな気分になりそうです。

花名:和名、学名、ドイツ語名、英語名

和名:オウバイ(黄梅)
別名:ゲイシュンカ(迎春花)
科 属名:モクセイ科 ソケイ属(ジャスミン属)
学名:Jasminum nudiflorum
ドイツ名:Winter-Jasmin, oder Winterjasmin, Nacktblütiger Jasmin oder Gelber Winterjasmin
英名:Winter jasmine

背丈、開花時期

ドイツにおけるこの花の…
背丈は3m
開花期は1月から4月

種類

落葉低木

原産地

中国西部

花言葉

「恩恵」「優美」

花写真

☆この記事は主にドイツ(ドイツ南西部)で見た花を撮影して構成しています。☆このブログを通じて、花はどこでも咲くということを実感していただけたら幸いです。☆写真の著作権は管理人にあります。無断利用を禁止しております。

使用カメラ Nikon D300
撮影地 ドイツ南西部

タイトルとURLをコピーしました