いけばな|生徒さん作品|西洋ナナカマドを使って

花こころ IKEBANA

ナナカマド、日本でのいけばなに登場する花材で、こちらでお稽古を始めてから使ってみたいと思っていた花木です。

ただどこにでもありそうですが、あっても採りにくい場所であるとか、葉っぱが大きすぎとか、様々な理由で断念する場面の多い花材でもあります。

今回は黒い森へ行った時に、花材集めで程よい大きさの葉と手に届く場所にあったので、使うことができました。

外で見つけた時には、小さめの葉の枝を選んだのですが、家の中に持ってくると大きいなという印象でしたが、頑張っていけてくれました。

生け花は立体ですが、写真で撮ると平面に見えてしまいます。写真用に花を生けてませんので、その点をご了解の上ご覧くださいませ。

花材:西洋ナナカマド、ヤグルマアザミ

そして今回の課外稽古では都合により花器は持っていかず、ご自宅にあるのをお借りしました。

そしてこのいけばなでは、ホーローポットを使っています。

口元が小さい故に枝が止まりにくいのですが、素敵にいけてられたと思います。

また肉眼で見る作品は、背景の食器棚とは別にいけばなを認識してくれますが、カメラだと難しいようですね。

上部にも明記してあります通り、写真用にはいけておりません。生活空間の中のいけばなということで、今回はあえてこの場所に置いてみました。