サーバー移転につき投稿画像が表示されない場合がございます。
ご不便をおかけいたしますが、何卒ご理解のほどお願いいたします。

春の芽吹きを猫柳とチューリップで表現|いけばな【図解説明あり-有料記事】

花心 Ikebana
ブログ運営維持のため記事内に広告が含まれています。

今年の冬はコロナ禍の影響によるロックダウンで、お花屋さんは営業休止。もっぱら花はスーパーでの入手のみとなっています。

わたしのいるエリアのスーパーを覗いてみると、花はチューリップと薔薇がメイン。

他にもあるかと期待するのですが、ほとんどがチューリップと薔薇。

花束になっているのもありますが、こちらはガーベラが1か2本、薔薇が1本という具合にいけばなをするには本数が足りません。

もちろん花束をいくつか買っていけば良いのかもしれませんが、大体が同じような組み合わせになってしまうので、単独で買った方が使い勝手が良さそうです。

さて、今回は猫柳系の枝が剪定後であったので、チューリップと合わせてみました。ただしチューリップの花は控えめで、どちらかというと葉が準主役な感じです。

今回のいけばなについて

花型:自由表現
器:新様式花器
花:赤芽柳、チューリップ
2021年1月

タイトルとURLをコピーしました