ハロウィンいけばな 小さな南瓜とクレマチスの綿毛を使いました

花こころ IKEBANA
この記事は約2分で読めます。

お稽古に来てくださっている生徒さんから、小さなカボチャを使って、ハロウィンっぽい感じのいけばなをしてみたい、とのリクエストをもらったので、ちょっとトライしてみました。

小さなカボチャ、という花材は決まっていたので、それに合う花を考えるのですが、結構悩みましたね。

最終的にはハロウィンの色を考えて、その色で使える花、手に入る花というのを考えました。

花材:小さな南瓜、カーネーション、スプレー菊、ノバラの実、クレマチス・ヴィタルバの綿毛、コニファー

生け花は立体ですが、写真で撮ると平面に見えてしまいます。写真用に花を生けてませんので、その点をご了解の上ご覧くださいませ。

まわるかたち

置く場所が違うと印象が変わります。

↓こちらは生徒さん作品

持ってきてくれた南瓜が大きすぎて剣山にさせず、真ん中におきましたが…

真上から見ると、南瓜が南瓜でないみたいに見えますね…

横から見ると南瓜が見えないので、結局は外してしまいました。

飾り物といけたい時には、小さめのを用意するといいと思います。

使用した花器↓

 

 

花こころ IKEBANA
\ HanaKokoroをフォローする /
スポンサーリンク
IKEBANA Germany 花こころ