チューリップ Tulipa ウッコンコウ(鬱金香)春を告げる花

花名 Name
ブログ運営維持のため記事内に広告が含まれています。

ドイツでもチューリップは人気の花のひとつ。なぜなら年が明けるとともに、スーパーでも、朝市でも束になって売っているチューリップが多くなるからです。

自分で切って買うことのできる花畑は、もちろん年明けには咲いていませんが、それでも畑で真っ先に芽が出る植物はチューリップ。

まだ春先のチューリップはお値段が高め設定。種類にもよりますが、10本束になって、4ユーロから8ユーロと価格幅が広い。

畑のチューリップが咲き始めると、朝市やスーパーのチューリップは価格が下がってくる。ところによっては、二束買うと安くなる所もあります。チューリップほど手軽に買えるお花はないかなと思うくらい嬉しいお値段です。

花ポートレート

  • この記事は主にドイツ(ドイツ南西部)で見た花を撮影して構成しています。別の地での撮影した写真を掲載の際には可能な限り明記をするようにしています。
  • このブログを通じて、花はどこでも咲くということを実感していただけたら幸いです。
  • 写真の著作権は運営者であるHanaKokoroにあります。掲載写真の無断利用を禁止しております。

使用カメラ Nikon D7100
撮影地 ドイツ南西部

2018年4月中旬撮影

基本情報

和名、学名、ドイツ語、英語

和名:ウコンコウ 又は ウッコンコウ(鬱金香)
別名:
科 属名:ユリ科 チューリップ属
学名:Tulipa
ドイツ名:Tulpen
英名:Tulip

原産地

トルコ

花言葉

チューリップ全般の花言葉
「思いやり」 「博愛」