セイヨウキンミズヒキ(西洋金水引)Agrimonia eupatoria 細長くて繊細な黄色い花

花写 Photo&Name

季節の良い時のお散歩は写真を撮ってばかりなので、なかなか前へ進めないのが難点です。

このお花もその一つで、細くて繊細なので、風が吹くと黄色い花にピントが定まらず苦労します。

照りつける太陽の暑さに負けそうになって、撮り続けるのを諦めてしまうことも。

細くて小さいので、いけばなとしてはシンプルなお瓶が似合いそうです。

合わせる花にも気を配る必要がありますが、こういった野草をいけるのは、いけばなをしていて醍醐味というのでしょうか。とても楽しいものです。

ただこの時は散歩の続きということもあり、採取はせずでした。

いけばな花材目的の場合には、やはりバケツ持参をオススメです。

スポンサーリンク

花名:和名、学名、ドイツ語名、英語名

和名:セイヨウキンミズヒキ(西洋金水引)
別名:アグリモニー
科 属名:バラ科 キンミズヒキ属
学名:Agrimonia eupatoria
ドイツ名:Gewöhnliche Odermennig, Gemeiner Odermennig, Ackerkraut, Ackerblume und Kleiner Odermennig
英名:common agrimony, church steeples or sticklewort

背丈、開花時期

ドイツにおけるこの花の…
背丈は30から100cm
開花期は6月から9月

種類

宿根草

原産地

ヨーロッパ

日本語の花言葉

「多才」「感謝」「感謝の心」

ドイツ語の花言葉

——

花写真

☆この記事は主にドイツ(ドイツ南西部)で見た花を撮影して構成しています。☆このブログを通じて、花はどこでも咲くということを実感していただけたら幸いです。☆写真の著作権は管理人にあります。無断利用を禁止しております。

2019年7月上旬撮影

使用カメラ Nikon D300
撮影地 ドイツ南西部