シャクヤク(芍薬)で琳派調いけばな Rinpa-cho Ikebana with peonies

花こころ(IKEBANA)
この記事は約2分で読めます。

ドイツで芍薬のいけばなが生けられるようになったのは、ここ数年のことです。

特に近所に自分で花を切って買える畑があって、そこに芍薬が登場してから、出来るだけ毎年いけるようにしています。

ただ琳派調いけばなは絵ですので、その絵を表現するためには8割咲きの花を使う必要があります。つまり、使いたい花がちょうど良いタイミングで使えるか、というのは、本当に運任せ。

でも運が良く琳派調いけばなを生けられた時には、この状態をもっと長く、出来れば1ヶ月くらいは眺めていたいと思うくらい、うっとりする出来になります。

また今年はご近所さんに牡丹や芍薬を育てているお庭へお邪魔する機会があったので、その種類の多さに圧倒。もちろん、いつかはこんな色の牡丹や芍薬をいけてみたいと思ったのは言うまでもありません。

さて、前置きが長くなりましたが、今回は2色(色の濃いのを入れると3色)の芍薬を使っていけました。

生け花は立体ですが、写真で撮ると平面に見えてしまいます。写真用に花を生けてませんので、その点をご了解の上ご覧くださいませ。

この記事が気に入ったら最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
花こころ(IKEBANA)
HanaKokoroをフォローする
スポンサーリンク
IKEBANA 花こころ Germany
タイトルとURLをコピーしました