レンギョウ(連翹)Forsythia × intermedia インテルメディア 園芸種としてドイツで作出

花写名 Photo&Name
この記事は約2分で読めます。

レンギョウ、レンギョウと呼んでいるのは、このインテルメディアを指していることが多いようです。このインテルメディアはドイツで1880年に作出された園芸種のレンギョウ。レンギョウとシナレンギョウが元の品種だそうです。

花は大輪でひと枝にたくさんの花を咲かせるのが特徴。まさにドイツの庭や公園で見るのはこの種類だと改めて実感しました。また日本で流通しているレンギョウの切り花もこの種類らしので、見かけたらじっくり観察をしてくださいね。

ところでこのレンギョウの開花も温暖化の影響を受けて年々早く開花しているように思えます。ちょっと数年前までは復活祭(3月から4月)のあたりに咲いていたのですが、いまは2月ごろに咲きだしたりと、お花たちに与える影響も少なくは無いようです。

スポンサーリンク

花名:和名、学名、ドイツ語名、英語名

和名:レンギョウ(連翹)
別名:レンギョウウツギ、イタチハゼ(古名)
科 属名:モクセイ科 レンギョウ属
学名:Forsythia × intermedia
ドイツ名:Garten-Forsythie, Goldflieder oder Goldglöckchen, Stangenblüter (Süddeutschland)
英名:Border forsythia

背丈、開花時期

ドイツにおけるこの花の…
背丈は200から300cm
開花期は3月から4月

種類

落葉

原産地

園芸種

花言葉

「希望」「かなえられた希望」「集中力」「情け深い」「とまどい」「期待」

花写真

☆この記事は主にドイツ(ドイツ南西部)で見た花を撮影して構成しています。☆このブログを通じて、花はどこでも咲くということを実感していただけたら幸いです。☆写真の著作権は管理人にあります。無断利用を禁止しております。

2020年3月上旬から中旬撮影

使用カメラ Nikon D7100

使用カメラ Nikon D300
撮影地 ドイツ南西部