いけばな|二作品 ぶどうの枯れ枝を使って

花心 Ikebana

生け花は立体ですが、写真で撮ると平面に見えてしまいます。写真用に花を生けてませんので、その点をご了解の上ご覧くださいませ。

 

ぶどうの枯れ枝、と言いますか、次なる枝を伸ばすために切られた枝を持ち帰り、いけばなとして再生。この再生というのが個人的にかなり好きです。そしていけばなならではの表現方法ではないかなと思っております。

枯れ枝を使っているので、再生の中に華やかな花をさし添えているので、ちょうど今の時期(イースター)にぴったりかなと…勝手に思ってみたりしています。以前同じようにぶどうの枝を使った時には、和を意識して、合わせた花は椿で手作りお瓶にいけました。


花:ぶどうの枯れ枝、椿
瓶:友人作

2016.03

++++++++++

もう一つは、モダンな感じで。合わせる花や色を鮮やかにし白磁のお瓶を選択。

小原流の花意匠という花形は現代の生活様式に合わせて誕生し、また役枝以外は活け手の自由(挿す範囲は決まっているけど)にいけられるので、出来上がりが個性的となるのも特徴としてあります。


花:葡萄の枯れ枝、ユリ、スプレーカーネーション、ピスタチオの葉
瓶:ひびき

2016.03

花心 Ikebana
HanaKokoro

花こころ
花のあるところに出掛けて行って、写真を撮って、花名調べて、生け花する花追い人です。花好き、写真好き、生け花好きな人と繋がりたい。

フォローする
フォローする
スポンサーリンク
IKEBANA Germany 花こころ