いけばな|葡萄の枯れ枝を使っていける

花こころ IKEBANA

生け花は立体ですが、写真で撮ると平面に見えてしまいます。写真用に花を生けてませんので、その点をご了解の上ご覧くださいませ。

葡萄畑に横たわっていた枯れ枝。

来年のために伐採された枝ですが、せっかくなのでいけばなの素材になってもらいました。

花型はフリースタイルですが、花意匠のかたむけるかたちを応用した花型です。

フリースタイルは一見自由に思えますが、かなり難しい花型だと思っています。なぜなら自由とは花の長さも差し口や角度も決まっておらず、いけ手の技量が試されると思うからです。

綺麗になるのも、そうで無くなるのも、いけ手次第と言っても過言でないかなと。

ですので、花や器を前にして呆然とならないためにも、それまでにお稽古してきた花型を応用したり、崩したりした方がフリースタイルの発想を得やすいと感じます。

つまりは日頃のお稽古が大事、ということですね。

 


花:葡萄の枯れ枝、ラナンキュラス、ルスカス
器:まどか

Materials: Trockene Zweige von Weinstock, Asiatischer Hahnenfuss, Ruscus

2016.02