サーバー移転につき投稿画像が表示されない場合がございます。
ご不便をおかけいたしますが、何卒ご理解のほどお願いいたします。

葡萄の枯れ枝を使っていける フリースタイル Free Style Ikebana

花心 Ikebana
ブログ運営維持のため記事内に広告が含まれています。

ぶどう畑に横たわっていた枯れ枝。来年のために伐採された枝ですが、せっかくなのでいけばなの素材になってもらいました。

今回の花型はフリースタイルですが、花意匠のかたむけるかたちを応用した花型です。

フリースタイルは、かなり難しい花型だと思っています。なぜなら自由とは花の長さも差し口や角度も決まっておらず、いけ手の技量が試されると思うからです。

そんな自由な型でも、基本となる型を繰り返し練習することで、苦手意識がなくなるそうです。

つまり、普段のお稽古で学んでいる花型は、自由に花をいけられるようになるための修行、と言っても過言ではありません。

そして、自由にいけて綺麗になるのも、そうで無くなるのも、いけ手次第と言っても過言ではありませんから、基本がいかに大事かというのが分かります。

  • 生け花は立体ですが、写真で撮ると平面に見えてしまいます。写真用に花を生けてませんので、その点をご了解の上ご覧くださいませ。
  • 写真の著作権は運営者であるHanaKokoroにあります。掲載写真の無断利用を禁止しております。


花:葡萄の枯れ枝、ラナンキュラス、ルスカス
Materials: Trockene Zweige von Weinstock, Ruscus und Ranunkel
器:まどか

2016年2月

  • フリースタイルは、基本の花型を崩すという考え方
  • 自由であるからこそ、いけ手の個性が出る
  • 枝の面白さを考えて構成する
  • 基本花型とは違うので、主枝の枝は器との関係が大事。この作品では、器の1.5倍以内に収めるようにすれば、器と離れすぎない
タイトルとURLをコピーしました