夏の代表花といえば ヒマワリ(向日葵)Helianthus annuus

花名(Flower Photos)
この記事は約2分で読めます。

真夏の青空に映える黄色くて大きな花、といえば、やはり向日葵でしょうか。

ドイツのお花屋さんでも夏になると真っ先に売りに出るお花です。セルフで切れる花畑にも何列にもなって咲いていますし、そうかと思えば畑の土壌改良のためなのか、風景の一部としても咲いている場所を見かけます。

ドイツ語名はSonnenblume(ぞんねんぶるーめん)と言って、太陽の花ですから、まさに夏を代表する花と言えるでしょう。

花名:和名、学名、ドイツ語名、英語名

和名:ヒマワリ(向日葵、日回り)
別名:ニチリンソウ(日輪草)、ヒグルマ(日車)、ヒグルマソウ(日車草)、ヒマワリソウ(日回り草)、サンフラワー(英語名から)、ソレイユ(フランス語名から)
科 属名:キク科 ヒマワリ属
学名:Helianthus annuus
ドイツ名:Sonnenblume
英名:Sunflower

原産地

北アメリカ

花言葉

「憧れ」「あなただけを見つめる」

花写真

☆この記事は主にドイツ(南西ドイツ)で見た花を撮影して構成しています。☆このブログを通じて、花はどこでも咲くということを実感していただけたら幸いです。☆写真の著作権は管理人にあります。無断利用を禁止しております。


使用カメラ Nikon D7100
撮影地 南西ドイツ

いけばな

生け花は立体ですが、写真で撮ると平面に見えてしまいます。写真用に花を生けてませんので、その点をご了解の上ご覧くださいませ。

花材としての向日葵は、ちょっと扱いにくいお花かなと個人的に思っております。それは、比較的大きな花が多く、合わせる花材にも限りが出てきてしまうからです。

ですので、向日葵をたくさん使うというよりかは、向日葵一輪で使ったりする傾向が多いような気がしますが、中には小さめの向日葵もありますので、その場合には数輪使うこともできます。

また日本では向日葵の色が黄色以外にもあったり、八重のような向日葵があったりと種類が豊富ですが、まだドイツではお花屋さんでは、向日葵の種類はあまりありません。ですが今後どのように変わっていくのか楽しみな花でもあります。

タイトルとURLをコピーしました