クリスマスローズ Helleborus カンシャクヤク(寒芍薬)とも呼ばれる花

花写名 Photo&Name

「クリスマスローズ」という呼称は、クリスマスのころに開花するヘレボルス・ニゲル (Helleborus niger) のことだそうです。

10月終わり頃から、ドイツの園芸店はもちろん、スーパーの店頭でもクリスマスローズの鉢植えを見かけるようになります。

寄せ植えにして売っているのも見かけるので、買ってすぐに飾れるのが嬉しいですね。

他にも、ヘレボルス・オリエンタリス (Helleborus orientalis、ハルザキクリスマスローズ) も「クリスマスローズ」として出回っているそうなので、花期の長いお花だと勘違いしそうになりますが、学名で見分けるという事をしなければ、そう思うのも当然かもしれません。

でもやっぱりこの形の花を見ると細かいことには拘らずに、クリスマスローズと言ってしまいそうですよね。

クリスマスローズの品種改良は進んでいるようで、黒い花色もあるそうです。ペチュニアの黒と同じような感じでしょうか。ちょっとシックな寄せ植えなどに使ってみたい気がします。

スポンサーリンク

和名、学名、ドイツ語名、英語名

和名:カンシャクヤク(寒芍薬)
別名:クリスマスローズ、ヘレボルス、ヘレボラス
科 属名:キンポウゲ科 ヘレボラス属(クリスマスローズ属)
学名:Helleborus, Helleborus niger
ドイツ名:Nieswurz, Christrosen, Schneerosen oder Lenzrosen
英名:Hellebore, Christmas rose

背丈、開花時期

ドイツにおけるこの花の…
背丈は20cmから40cm
開花期は2月から4月

種類

宿根草

原産地

ヨーロッパ、西アジア

日本語の花言葉

「追憶」「私を忘れないで」「私の不安を取り除いてください」「慰め」「スキャンダル」

ドイツ語の花言葉

花写真

☆この記事は主にドイツ(ドイツ南西部)で見た花を撮影して構成しています。☆このブログを通じて、花はどこでも咲くということを実感していただけたら幸いです。☆写真の著作権は管理人にあります。無断利用を禁止しております。

2018年3月上旬撮影

使用カメラ Nikon D7100
撮影地 ドイツ南西部