ワックスフラワー Chamelaucium uncinatum いけばな花材としても重宝な花

花名 Name

花ポートレート

☆この記事は主にドイツ(ドイツ南西部)で見た花を撮影して構成しています。別の地での撮影した写真を掲載の際には可能な限り明記をするようにしています。
☆このブログを通じて、花はどこでも咲くということを実感していただけたら幸いです。
☆写真の著作権は運営者であるHanaKokoroにあります。掲載写真の無断利用を禁止しております。

2020年1月中旬撮影

使用カメラ Nikon D300
撮影地 ドイツ南西部

ドイツでは切り花としてお花屋さんでよく見る花です。出回っているのも周年ですので、小さな花が欲しい時にはとても重宝します。

茎は枝なので、どちらかというと草花というよりかは花木ですが、扱い方としてはかすみ草と同じように花全体を明るくしてくれる役割のように感じます。花つきが多いとちょっと重たくも見えてしまうので、その点、かすみ草とは違った使い方ということになるでしょう。

かすみ草と比べるとワックスフラワーは花が大きいので、ベールを掛けるかすみ草とはまた違った表情を作ってくれます。

花保ちは良い方ですが、水が下がってくると葉っぱがパラパラと落ちたり、花の周りが茶色く変色してきます。

花の表面をまるでワックスがけでもしたよう見えることから、名前が付けられているので、覚えやすいと思います。

基本情報

和名:
別名:ワックスフラワー、ジェラルトン・ワックス
科 属名:フトモモ科 チャメラウキウム属
学名:Chamelaucium uncinatum
ドイツ名:Waxblumen
英名:Waxflower

ドイツにおける背丈

100cmから150cm
原産地のオーストラリアでは200cmから300cm

ドイツにおける開花期

12月から2月

種類

低木

原産地

オーストラリア原産

花言葉

日本語

「気まぐれ」「繊細」「可愛らしさ」

いけばな

全体的にふわっと入れる挿れ方というよりも役枝の周りに添える挿れ方です。

いけばな作品の全体像は、下記の記事に載せております。