シンフォリカルポス Symphoricarpos albus 白玉の木に似た落葉低木

花写名 Photo&Name

当初、この木をシラタマノキ(白玉の木)と思っていましたが、どうやらシンフォリカルポスでしたので、再度新たな記事にして載せています。

そしてせっかくですので、シンフォリカルポスとシラタマノキの違いについても整理しておきます。シンフォリカルポスについては比較の下にも基本情報をまとめてあります。

スポンサーリンク

シンフォリカルポスとシラタマノキ比較

 

シンフォリカルポス

シラタマノキ

学名

Symphoricarpos albus

Gaultheria pyroloides

スイカズラ科

ツツジ科

種類

落葉

常緑

実のつき方

枝にひっついている

枝から茎が出ている

特徴的な違いを並べると、やはり両者は別の木ということがわかりやすいと思います。

私はまだシラタマノキをドイツで見たことがないので写真がないのですが、この特徴を覚えていれば白い実を見ても間違えることはなさそうです。

和名、学名、ドイツ語名、英語名

和名:セッコウボク(雪晃木)
別名:シラタマヒョウタンボク(白玉瓢箪木)、スノーベリー
科 属名:スイカズラ科 シンフォリカルポス属
学名:Symphoricarpos albus
ドイツ名:Gewöhnliche Schneebeere auch Knallerbsen
英名:Common snowberry

背丈、開花時期

ドイツにおけるこの花の…
背丈は30cmから200cm
開花期は6月から8月

種類

落葉低木

原産地

北アメリカ

日本語の花言葉

いつまでも献身的

ドイツ語の花言葉

花写真

☆この記事は主にドイツ(ドイツ南西部)で見た花を撮影して構成しています。☆このブログを通じて、花はどこでも咲くということを実感していただけたら幸いです。☆写真の著作権は管理人にあります。無断利用を禁止しております。

2019年10月上旬撮影

使用カメラ Nikon D7100
撮影地 ドイツ南西部

花材として

枝が細く実のつき方が多いので、かなりフラフラする枝ですが、お瓶にマッスとして使うと雰囲気は出ると思います。

合わせる花としては、やはり季節柄、小菊やダリアあたりが似合うでしょう。