セッコウボク(雪晃木)Symphoricarpos albus 白玉の木に似た落葉低木

花名 Name
記事内に広告が含まれています。

当初、この木をシラタマノキ(白玉の木)と思っていましたが、どうやらセッコウボク(雪晃木)でしたので、再度新たな記事にして載せています。

そしてせっかくですので、両者の違いについても整理しておきます。セッコウボク(雪晃木)については比較の下にも基本情報をまとめてあります。

セッコウボク(雪晃木)とシラタマノキ(白玉の木)比較

 

セッコウボク(雪晃木)

シラタマノキ(白玉の木)

学名

Symphoricarpos albus

Gaultheria pyroloides

スイカズラ科

ツツジ科

種類

落葉

常緑

実のつき方

枝にひっついている

枝から茎が出ている

特徴的な違いを並べると、やはり両者は別の木ということがわかりやすいと思います。

私はまだシラタマノキをドイツで見たことがないので写真がないのですが、この特徴を覚えていれば白い実を見ても間違えることはなさそうです。

和名、学名、ドイツ語名、英語名

和名:セッコウボク(雪晃木)
別名:シラタマヒョウタンボク(白玉瓢箪木)、スノーベリー
科 属名:スイカズラ科 シンフォリカルポス属
学名:Symphoricarpos albus
ドイツ名:Gewöhnliche Schneebeere auch Knallerbsen
英名:Common snowberry

ドイツにおけるこの花の背丈、開花時期、手入れ方法

背丈30cmから200cm
6月から8月
11月から
落葉樹
植える場所日当たり~半日陰
植える時期通年(地面が凍ってる時期と夏(気温30度以上)を避ける)
耐寒性あり
特になし
用途単独、寄せ植え、生垣
中程度
手入れ春に緩効性肥料(Langzeitdünger)
頻繁に必要ではないが乾燥時期は、根に浸透するような水やり

種類

落葉低木

原産地

北アメリカ

日本語の花言葉

いつまでも献身的

ドイツ語の花言葉

ーー

花写真

  • この記事は主にドイツ(ドイツ南西部)で見た花を撮影して構成しています。別の地での撮影した写真を掲載の際には可能な限り明記をするようにしています。
  • このブログを通じて、花はどこでも咲くということを実感していただけたら幸いです。
  • 写真の著作権は運営者であるHanaKokoroにあります。掲載写真の無断利用を禁止しております。

2019年10月上旬撮影

使用カメラ Nikon D7100
撮影地 ドイツ南西部

花材として

枝が細く実のつき方が多いので、かなりフラフラする枝ですが、お瓶にマッスとして使うと雰囲気は出ると思います。

合わせる花としては季節柄、小菊やダリアあたりが似合うでしょう。