アロニア・メラノカルパ Aronia melanocarpa

花名 Name

公園の生垣として植えてあったアロニア・メラノカルパ。花が咲いているところを見られたのは今回が初めてです。

春はこんな感じの花、白い花びらとピンクの蕊という組み合わせが多いように思えます。

この花の形を最初に見た時にはサンザシ(山楂)に似ているなと思いましたが、葉っぱの形は全く違っています。

この花もサンザシも同じバラ科ですので、似ているところがあるのは当たり前なのかもしれません。

さて、この花は秋になると黒い実が成ります。その実は生では食べられませんのでジャムなどの加工で摂取できるそうです。

さらにアントシアニンの含有量がブルーベリーの数倍と言われ、黒い実ということも相まってか、日本のサイトですとチョコレートベリーとも呼ばれています。

ちなみにこのチョコベリーは英語名からの変換?なのかなと思いましたが、英語名はBlack chokeberry(ぶらっく ちょーくべりー、直訳:黒い咽せる実)ですから、色とアントシアニンが多い、ということからなのでしょう。

そしてドイツ語名ですが、Kahle Apfelbeere(かーれ あっぷふぇるべーれ、直訳:禿げた林檎の実)や Schwarze Apfelbeere(しゅばーつぇ あっぷふぇるべーれ、直訳:黒い林檎の実)と言われており、チョコとは全く無縁な名前でした。

それにしても禿げた…だなんて、なんて名前だ!と思いますね。せめてツルツルと言って欲しい、というか同じですね。笑

秋になったら実も撮ってみたいお花です。

花写真 ポートレート

☆この記事は主にドイツ(ドイツ南西部)で見た花を撮影して構成しています。別の地での撮影した写真を掲載の際には可能な限り明記をするようにしています。
☆このブログを通じて、花はどこでも咲くということを実感していただけたら幸いです。
☆写真の著作権は運営者であるHanaKokoroにあります。掲載写真の無断利用を禁止しております。

2021年4月下旬撮影

使用カメラ Nikon D300
撮影地 ドイツ南西部

基本情報

和名:
別名:アロニア・メラノカルパ、チョコレートベリー、ブラックチョコベリー、ブラックチョークベリー
科 属名:バラ科 アロニア属
学名:Aronia melanocarpa
ドイツ名:Kahle Apfelbeere, Schwarze Apfelbeere oder Schwarze Eberesche
英名:Black chokeberry

ドイツにおける背丈

100cmから250cm

ドイツにおける開花期

5月

種類

落葉樹

原産地

北アメリカ

花言葉

日本語の花言葉