いけばな|オダマキが主役のいけばな

花こころ IKEBANA

生け花は立体ですが、写真で撮ると平面に見えてしまいます。写真用に花を生けてませんので、その点をご了解の上ご覧くださいませ。

手前に挿してあるサンザシ属の枝は、写真では短いように見えますが、かなり前方へ、弓なりに張り出しています。またこの枝にある白い花と葉を整理し、単調にならないよう、リズムと風通しをよくしました。

実は今回のいけばなの主役はオダマキ。本来ですとオダマキは、同じ高さに花が咲いているのですが、ここはいけばな。そのまま挿してしまっては、オダマキの美しさは引き出せません。

ひとつのオダマキの花柄から付き枝を切り離し3本にし、高低差をつけて挿すことにより、高さ、奥行き、広がり、そして瓶の口元を締める役割りを担っています。
とウンチクは、ここまで…(笑)

ドイツでのいけばな、いかがでしょうか。

立体であるいけばなを平面の写真に写すのは難しい…写真用にいけていないので、どうぞご容赦を♡


花:オダマキ、サンザシ属の枝
瓶:ひびき
Materials: Akelei, Zweigriffliger Weissdorn Rosaceae

2016.05