ジャコウアオイ(麝香葵)Malva moschata タチアオイ(立葵)より小ぶりな花

花写 Photo

スクッと立ち上がった姿はタチアオイ(立葵)に似ていますが、このジャコウアオイ(麝香葵)の背丈は80センチ位しかなく、立葵を縮小した感じというのでしょうか。それでも草原で見かけると淡いピンク色にも関わらず目につくお花です。

和名の麝香は葉が麝香の香りがするからだそうですが、花粉症の私にはちょっと分からないのが残念です。

花はタチアオイのように下から順番に咲くのではなくて、それぞれの花の集まりで一輪だけ咲きます。その一輪が咲いている期間ですが2、3日というところでしょうか。いけばな花材にする際には、その花の向きが数日で変わります。それを眺めるのも楽しいです。

採取してから水の下りは少ないようで、扱いやすい花材と思います。近くに咲いている花で多種挿しというのも面白そうですね。

このジャコウアオイに似ている花でウスベニアオイ(学名:Malva sylvestris)と紫陽花で琳派調をいけました。そしてジャコウアオイでは立ち姿を活かすため、たてるかたちなという花型も似合います。両者とも花は似ているのですが、葉の形やつき方が違います。二つの作品でその違いがわかりますでしょうか。

スポンサーリンク

花名:和名、学名、ドイツ語名、英語名

和名:ジャコウアオイ(麝香葵)
別名:ムスクマロウ
科 属名:アオイ科 ゼニアオイ属
学名:Malva moschata
ドイツ名:Moschus-Malve
英名:Musk mallow

背丈、開花時期

ドイツにおけるこの植物の…
背丈は20cmから80cm
開花は6月から10月

種類

宿根草

原産地

ヨーロッパ

花言葉

「温厚」「柔和」

花写真

☆この記事は主にドイツ(ドイツ南西部)で見た花を撮影して構成しています。☆このブログを通じて、花はどこでも咲くということを実感していただけたら幸いです。☆写真の著作権は管理人にあります。無断利用を禁止しております。


2020年6月中旬撮影

使用カメラ Nikon D7100
撮影地 ドイツ南西部