サーバー移転につき投稿画像が表示されない場合がございます。
ご不便をおかけいたしますが、何卒ご理解のほどお願いいたします。

バラを使った花意匠「ひらくかたち」と「ならぶかたち」

花心 Ikebana
ブログ運営維持のため記事内に広告が含まれています。

初夏の爽やかな風が吹く頃、バラの花も綺麗に咲き揃ってきていました。

さて今回のいけばな稽古では、お庭や花畑から花を切っていけました。お庭から花を採る場合には、ちょっと邪魔になった枝を使っています。いずれは切られてしまう枝なので、生け花として再生?させられるのは嬉しいですね。そしてやはり採りたては新鮮です。

どちらの作品にも「バラ」を使いましたが、枝、葉っぱ、花のつき方が様々で、自然から採ってきた花材の場合、その自然な感じを活かすのも大切だと感じます。でもそれを気にし過ぎる、と花材に翻弄されますが。

どちらの作品も個性豊かに仕上がりました。初夏の風を家の中に吹き込んでもらえていたら嬉しいですね。

  • 生け花は立体ですが、写真で撮ると平面に見えてしまいます。写真用に花を生けてませんので、その点をご了解の上ご覧くださいませ。
  • 写真の著作権は運営者であるHanaKokoroにあります。掲載写真の無断利用を禁止しております。

花意匠 ひらくかたち
Hana-isho Hiraku-katachi

花:イヌバラ、ヒゲナデシコ(美女ナデシコ)
器:ガラスコンポート

2019年05年


もう一方のバラも庭から切ってきて使いました。真っ赤なバラが大きくて、ヒゲナデシコの本数がもっと必要でしたね。庭からと言っても毎日見ているバラではないので、こんなにも立派なバラだとは思いませんでした。

花の組み合わせは、実際に合わせてみて分かるので、これも新発見になって楽しいです。

花意匠 ならぶかたち
Hana-isho Narabu-katachi

花:ツルバラ、ヒゲナデシコ(美女ナデシコ)
器:盛花基本花器

2019年5月

タイトルとURLをコピーしました