ガレオプシス・セゲツム Galeopsis segetum 花冠がイタチに似ている黄色いシソ科の花

花写名 Photo&Name
この記事は約2分で読めます。

学名のGaleopsis segetum は、Galeopsisは、花冠がイタチに似ているという意味で、segetumは、畑という意味から、農耕地に生えるイタチに似た花?となるのでしょうかね。

ドイツ語名はGelbe(黄色い)、HohlzahnのHohl(中が空洞の、空っぽの)zahn(歯)ということで、イタチとはほど遠い名前のようです。でもお花をよく見ると中が見えそうなので、やはり形から名付けられたのかなと思います。

全体的にイラクサに似ていますが、この花は触っても刺さないそうです。でも実際に試したことはないので、痛いかどうかは不明です。

ぱっと見、見分けるのは簡単ではないと思うので、触らないに越したことはないと思います。

この花については情報が少ないので、新しい情報があった場合にはアップデートをしていきます。

スポンサーリンク

花名:和名、学名、ドイツ語名、英語名

和名:
別名:ガレオプシス・セゲツム
科 属名:シソ科 チシマオドリコソウ属
学名:Galeopsis segetum
ドイツ名:Gelbe Hohlzahn oder Saat-Hohlzahn
英名:Downy hemp-nettle

背丈、開花時期

ドイツにおけるこの花の…
背丈は10から45cm
開花期は6月から8月

種類

一年草

原産地

西ヨーロッパ、南中央ヨーロッパ

日本語の花言葉

——

ドイツ語の花言葉

——

花写真

☆この記事は主にドイツ(ドイツ南西部)で見た花を撮影して構成しています。☆このブログを通じて、花はどこでも咲くということを実感していただけたら幸いです。☆写真の著作権は管理人にあります。無断利用を禁止しております。

2020年5月上旬撮影

使用カメラ Nikon D300
撮影地 ドイツ南西部