フサスグリ(房酸塊) Ribes rubrum 赤はアカスグリ、白はシロスグリ

花名 (Flower's Name)
この記事は約2分で読めます。

この実が赤く色付くと夏も盛りかなと思うのですが、どうでしょうか。ドイツは梅雨がないので、6月には夏になり8月になると涼しく感じます。ちょうどこの写真を撮ったのも太陽が眩しく照りつける日でした。

フサスグリの用途として、わたしはシロップを作っています。炭酸水で割って飲むと爽快な味。夏の飲み物だなと実感します。

花名:和名、学名、ドイツ語名、英語名

和名:フサスグリ(房酸塊)
別名:アカスグリ(赤酸塊)、レッドカラント
科 属名:ユキノシタ科 スグリ属
学名:Ribes rubrum
ドイツ名:Rote Johannisbeere, Garten-Johannisbeere oder Rote Ribisel
英名: Redcurrant or red currant

背丈、開花時期

ドイツにおけるこの花の…
背丈は100から200cm
開花期は5月

種類

落葉樹

原産地

ヨーロッパ

花言葉

「珍しさ」「予想」「目新しい」「新しい経験」「あなたの不機嫌は私を苦しめる」

花写真

☆この記事は主にドイツ(ドイツ南西部)で見た花を撮影して構成しています。☆このブログを通じて、花はどこでも咲くということを実感していただけたら幸いです。☆写真の著作権は管理人にあります。無断利用を禁止しております。

2020年6月下旬撮影

使用カメラ Nikon D7100
撮影地 ドイツ南西部

この記事が気に入ったら最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
花名 (Flower's Name) 緑/その他
\ お役に立てられたらシェアお願いします /
\ HanaKokoroをフォローする /
スポンサーリンク
ドイツ de いけばな
タイトルとURLをコピーしました