白い花の蕊が素敵なセイヨウサンザシ(西洋山査子)Crataegus monogyna

花名写真
この記事は約2分で読めます。

初夏になると垣根の枝に白い花を咲かせるお庭があり、和名ですとセイヨウサンザシ、ヒトシベサンザシ、もしくはホーソンと呼ばれるお花です。

調べるとハーブとして大変有名だそうで心臓の動きを高めて血液の循環を改善するとか、むくみや冷え性の改善にも効果的とかありました。そしてそれはヨーロッパで伝統的に使われてきたそうなので、垣根のように身近に植えてあるのもその名残?なのかなと勝手に想像してしまいました。

そんなことも知らない私は春から夏に移行する季節に見られる花という認識しかなく、これまた花材にはもってこいの枝としか考えておりませんでした。もちろん花材としても大変使い勝手が良く枝は矯めも利きます。

近づいてみないと分かりませんが花の蕊がピンク色で、とても可愛らしい花です。ただしトゲがあるので取り扱いにはご注意を。

生け花

花写真

☆この記事は主にドイツ(南西ドイツ)で見た花を撮影して構成しています。☆このブログを通じて、花はどこでも咲くということを実感していただけたら幸いです。☆写真の著作権は管理人にあります。無断利用を禁止しております。

使用カメラ Nikon D7100
撮影地 南西ドイツ

花名:和名、学名、ドイツ語、英語

和名:セイヨウサンザシ(西洋山査子)、ヒトシベサンザシ
別名:ホーソン
科 属名:バラ科 サンザシ属
学名:Crataegus monogyna
ドイツ名:Eingriffelige Weißdorn, auch Hagedorn
英名:Common hawthorn, oneseed hawthorn, or single-seeded hawthorn,

原産地

ヨーロッパ

花言葉

「希望」「慎重」

お花に関連するお品

お花に関連する商品を調べて載せています。ご参考までにどうぞ。

この記事が気に入ったら最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
花名写真
HanaKokoroをフォローする
スポンサーリンク
IKEBANA 花こころ Germany
タイトルとURLをコピーしました