クレマチス・ヴィタルバ Clematis vitalba ボタンヅルや仙人草の親戚

花写名 Photo&Name
この記事は約2分で読めます。

気温が高くなると、この花の白さが目立ってくるように思われます。

夏は花、冬は綿毛と、長い間、楽しませてくれるお花。ただし繁殖力は強いのか、樹木に絡みつくように成長しているので、絡みつかれた木は迷惑じゃないのかなと心配した入りしています。

花材としても面白いお花だと思いますが、葉っぱや花のつき方が直角なので、花瓶の方がいけやすいと思います。

綿毛の時期には繊細な綿毛だけを使うのも面白いです。

流れるようにクレマチス・ヴィタルバをいける Ikebana mit Clematis 夏に爽やかな白い花
クレマチス・ヴィタルバ(ボタンヅル、仙人...
スポンサーリンク

花名:和名、学名、ドイツ語名、英語名

和名:
別名:
科 属名:キンポウゲ科 センニンソウ属
学名:Clematis vitalba
ドイツ名:Gewöhnliche Waldrebe, Echte oder Gemeine Waldrebe
英名:Old man’s beard and traveller’s joy

背丈、開花時期

ドイツにおけるこの花の…
背丈は100から1000cm
開花期は7月から9月

種類

蔓性、落葉

原産地

ヨーロッパ

花言葉

クレマチス全体の花言葉
「旅人の喜び」「精神の美」「策略」

花写真

☆この記事は主にドイツ(ドイツ南西部)で見た花を撮影して構成しています。☆このブログを通じて、花はどこでも咲くということを実感していただけたら幸いです。☆写真の著作権は管理人にあります。無断利用を禁止しております。

2019年7月上旬撮影

使用カメラ Nikon D7100
撮影地 ドイツ南西部