サーバー移転につき投稿画像が表示されない場合がございます。
ご不便をおかけいたしますが、何卒ご理解のほどお願いいたします。

クサボケ(草木瓜)Chaenomeles japonica

花名 Name
ブログ運営維持のため記事内に広告が含まれています。

いけばな花材として使いたい、ということで比較的早い段階で庭に植えた花木。

草という字が名前に冠しているだけあって、成長過程を見ていると枝は横へ横へと放射状に伸びていきます。

2023年3月時点での樹高は、1メートルには達していません。ですので、もし花材として使いたい場合は、横に長く伸ばさないとダメなのかなと漠然と思っております。ただ横に伸びると敷地的にちょっと邪魔になりそうなので、どうしようと言うのが悩みになりそうです。

ではなぜ草木瓜にしたのかというと、日本原産だからです。しかも花の色はボケ(木瓜)と違って、優しい色の赤系だったのも選んだ理由の一つでしたが、園芸品種が進んだのかどうかは分かりませんが、数年前に比べ、優しい色合いのボケを園芸店で見かけるようになりました。

花写真 ポートレート

  • この記事は主にドイツ(ドイツ南西部)で見た花を撮影して構成しています。別の地での撮影した写真を掲載の際には可能な限り明記をするようにしています。
  • このブログを通じて、花はどこでも咲くということを実感していただけたら幸いです。
  • 写真の著作権は運営者であるHanaKokoroにあります。掲載写真の無断利用を禁止しております。
22023年3月中旬撮影

使用カメラ Nikon D300
撮影地 ドイツ南西部

基本情報

和名:クサボケ(草木瓜)
別名:シドミ、コボケ、ジナシ(地梨)
科 属名:バラ科 ボケ属
学名:Chaenomeles japonica
ドイツ名:Japanische Zierquitte
英名: Japanese quince or Maule’s quince

ドイツにおけるこの花の背丈、開花時期、手入れ方法

背丈100cmから150cm
花期3月から5月
薄黄色
半常緑
根系深根系(Tiefwurzler)
植える場所日向から半日陰
植える時期通年(霜期を除く)
耐寒性あり(霜期は保護推奨)
土壌砂質からローム質
定期的な水やり
用途庭、プランター、下植え
手入れ比較的楽な樹木

原産地

日本

花言葉

日本語の花言葉

「一目惚れ」「平凡」「早熟」

ドイツ語の花言葉

ーーー

タイトルとURLをコピーしました