黒い森は野草の宝庫 The Black Forest is a treasure trove of wild plants

花風景 Landscape
この記事は約2分で読めます。

まずはじめに、黒い森、すなわちシュバーツバルド(ドイツ語:Schwarzwald)はドイツのどの場所になるのか、といいますと、下の地図でいうところの緑線で囲まれたエリアです。ドイツの左下と覚えると忘れないかもしれません。

Relief Map of Germany, Black Forest

州でいいますと、バーデン=ヴュルテンベルク州になります。この黒い森をズームアップした地図がこちら↓南北160kmに広がり、総面積は約6,000km²

Schwarzwald - Deutsche Mittelgebirge, Serie A-de

黒い森と言われる由来は、森に多くのドイツトウヒが植林されており、その樹木によって森が黒く、または暗く見えることからだそうです。

そう聞くと、ちょっと怖い感じのイメージ?と思われると思いますが、夏は避暑地、冬はスキーエリアとしてとても人気のある場所です。

今回はこの黒い森にあるお宅にお邪魔する機会を得ましたので、その時の写真を交えて載せてたいと思います。

花を見るたびに私が立ち止まってしまうので、友人には迷惑ばかりかけてしまいました…。

目的地到着まで黒い森の中を散策しながら歩いて行きました。写真を撮りながらゆっくり歩いたので40、50分ちょっとは歩いたでしょうか。

花はもちろん、きのこを撮るのも好きです。詳しい人と一緒でない限りは、危ないので取りませんが、写真は別です。

道案内をしてくれた友人が色々と説明をしてくれて、この写真↑の木々の足元に広がるのはブルーベリーだそうです。

こんな広大なブルーベリーをみたことがなかったので驚きました。

苔もいい感じにあって、何を撮っても絵になります。

ここからはすでにこのブログでも掲載しているお花たちです。

帰り際に湖を一望。とても充実した1日でした。

2019年6月下旬撮影

使用カメラ Nikon D7100
撮影地 ドイツ南西部

☆この記事は主にドイツ(ドイツ南西部)で見た花を撮影して構成しています。☆このブログを通じて、花はどこでも咲くということを実感していただけたら幸いです。☆写真の著作権は管理人にあります。無断利用を禁止しております。

花風景 Landscape
\ HanaKokoroをフォローする /
スポンサーリンク
IKEBANA Germany 花こころ