トクサ(木賊)Equisetum hyemale

花写名 Photo&Name

ドイツでトクサの存在はお花屋さんやテーマパークで見てはいたので驚くほどではないのですが、植物園のはとても立派なトクサで数も多かったので強い印象が残っています。

どんな場所でも育つことから我が家にもお迎えした植物ですが、思わぬところから伸びてくるほど強いと聞いたので、とりあえずは鉢で育てています。

夏の間は水を切らさないようにしていましたが、それ以外は手のかからないグリーン。花材としても使えるので鉢で増える分には嬉しいかもしれません。

このトクサを撮る時ですが、茎の部分を撮っても面白くないと思ってので、どこを切り撮るか困りました。何度かリベンジをしたい植物です。

スポンサーリンク

花写真

☆この記事は主にドイツ(ドイツ南西部)で見た花を撮影して構成しています。☆このブログを通じて、花はどこでも咲くということを実感していただけたら幸いです。☆写真の著作権は管理人にあります。無断利用を禁止しております。

2019年10月下旬撮影

使用カメラ Nikon D7100
撮影地 ドイツ南西部

和名、学名、ドイツ語名、英語名

和名:トクサ(木賊・砥草)
別名:ハミガキグサ(歯磨き草)
科 属名:トクサ科 トクサ属
学名:Equisetum hyemale
ドイツ名:Winter-Schachtelhalm
英名:Rough horsetail, scouring rush, scouringrush horsetail and snake grass (in South Africa)

背丈、開花時期

ドイツにおけるこの花の…
背丈は90cmから140cm
開花期は6月から7月

種類

多年草

原産地

北アメリカ、ヨーロッパ、北アジア

日本語の花言葉

「率直」「非凡」

ドイツ語の花言葉

・・・

関連商品