コハコベ(小繁縷)Stellaria media

花名 Name

3月下旬に見つけたコハコベの花。この時にはまだ背丈が5センチほどで撮るのに苦労した記憶があります。

それにしてもコハコベは石器時代からの古い植物(史前帰化植物)で、現在では世界中で見られる花。そしてドイツでは一年草ですが、日本では多年草扱いだそうです。

またハコベは通常「雑草」扱いされますが、特にブドウ園や庭などの畑では、平らで密集したハコベは夏の乾燥から土を保護する役割があるので、あながち厄介者ではありません。

古くから薬草や鳥や家禽の餌としても重宝する野草だそうです。確かに日本での七草はこのコハコベということなので、見方も変わりそうですね。

ただし作物によってはこの野草が作物の成長を妨げるそうなので、その時にはやはり「雑草」扱いとなる野草。

なんでも相性というのもがあるのだなとこの花を調べていて感じましたし、この花の長所や短所を考えながら撮るのも面白いかなと思います。

花写真 ポートレート

☆この記事は主にドイツ(ドイツ南西部)で見た花を撮影して構成しています。別の地での撮影した写真を掲載の際には可能な限り明記をするようにしています。
☆このブログを通じて、花はどこでも咲くということを実感していただけたら幸いです。
☆写真の著作権は運営者であるHanaKokoroにあります。掲載写真の無断利用を禁止しております。

2021年3月下旬撮影

使用カメラ Nikon D7100
撮影地 ドイツ南西部

基本情報

和名:コハコベ(小繁縷)
別名:ハコベ(蘩蔞)←一般名として呼ばれることが多い
科 属名:ナデシコ科 ハコベ属
学名:Stellaria media
ドイツ名:Gewöhnliche Vogelmiere, Vogel-Sternmiere, Hühnerdarm, Hühnerscherbe, Mäusegedärme oder Hustdarm
英名:Chickweed, common chickweed, chickenwort, craches, maruns, and winterweed

ドイツにおける背丈

3cmから40cm

ドイツにおける開花期

5月から10月

種類

一年草

原産地

花言葉

日本語の花言葉

「愛らしい」