秋風景とサトウダイコン(砂糖大根) Sugar beet

花風景 (Flowers landscape)
この記事は約2分で読めます。

ドイツに住んで初めてみた光景。そして、まだまだ知らないことが多いと実感しました。

収穫前の状態というのは残念ながら記憶にも写真にも残っておりませんが、次のシーズンには撮りたいと思っています。

こうして目標というのでしょうか、目的があるというのはささやかながら嬉しいですね。

ドイツにおける甜菜栽培は世界で見ると第3位(2017年)という上位の生産地というのも初めてしりました。Zuckerrübeとは、Zuker(発音は、つっかー / 砂糖の意味) Rübe(発音は、るーべ / ビートまたは蕪という意味)になり、日本語の別名でも砂糖大根と呼ばれています。

元はと言えば、この作物から(最初はRunkelrübeという作物)から砂糖が作られると発見(1747年)したのはドイツの化学者ということで、歴史の長い作物ということになるのでしょうか。

さて、このサトウダイコンですが、もちろん日本でも栽培されておりまして、寒冷地食物ということから北海道を中心に栽培、生産されております。和名ではテンサイ(甜菜)という名称が主流らしく、根の部分がてんさいとう(甜菜糖)という砂糖になります。

砂糖の原料がこうして転がっているのもなんだか不思議な感じですが、今まで見たこと無かったのも不思議ですね。

またどのような食べ物でもそうですが、世の中の情報、特にブームに惑わされることなく、適度にを忘れないようにしたいですね。

花名:和名、学名、ドイツ語名、英語名

和名:テンサイ(甜菜)
別名:サトウダイコン(砂糖大根)、ビート
科 属名:ヒユ科 フダンソウ属
学名:Beta vulgaris
ドイツ名:Zuckerrübe
英名:Sugar beet

原産地

地中海沿岸

花言葉

写真

☆この記事は主にドイツ(南西ドイツ)で見た花を撮影して構成しています。☆このブログを通じて、花はどこでも咲くということを実感していただけたら幸いです。☆写真の著作権は管理人にあります。無断利用を禁止しております。

使用カメラ Nikon D7100
撮影地 南西ドイツ

この記事が気に入ったら最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
花風景 (Flowers landscape)
HanaKokoroをフォローする
スポンサーリンク
IKEBANA 花こころ Germany
タイトルとURLをコピーしました