サルビア・ファリナセア Salvia farinacea

花名 Name

寄せ植えで見かけた花で濃い青紫色が印象的でした。

サルビアといえば赤色のを真っ先に思いつきますが、こんな青紫色も素敵だなと思って撮っていました。

花期が長い(6月から霜が降りる頃(11月くらい))ので、寄せ植えはもちろん、花壇でも楽しめそうです。

花写真 ポートレート

  • この記事は主にドイツ(ドイツ南西部)で見た花を撮影して構成しています。別の地での撮影した写真を掲載の際には可能な限り明記をするようにしています。
  • このブログを通じて、花はどこでも咲くということを実感していただけたら幸いです。
  • 写真の著作権は運営者であるHanaKokoroにあります。掲載写真の無断利用を禁止しております。
2021年5月中旬撮影

使用カメラ Nikon D300
撮影地 ドイツ南西部

基本情報

和名:サルビア・ファリナセア
別名:ブルーサルビア
科 属名:シソ科 サルビア属
学名:Salvia farinacea
ドイツ名:Mehlige Salbei, auch Ähriger Salbei, Ähren-Salbei oder Mehl-Salbei
英名: Salvia farinacea, the mealycup sage or mealy sage

ドイツにおける背丈

60cmから90cm

ドイツにおける開花期

6月から霜が降りる頃まで

種類

多年草

原産地両者

テキサス州、ニューメキシコ州およびメキシコ北東部

花言葉

日本語の花言葉

「永遠にあなたのもの」「尊重」「知恵」

ドイツ語の花言葉

関連商品