アマドコロ(甘野老)Salomonssiegel

花名 Name

花屋さんでは手に入らない花、というのはもちろんありまして、そんな時には散歩に限ります。

この花は散歩途中で見つけた花で、いけばなでは親戚のナルコユリの方を使いますが、このアマドコロも花が可愛いですし、葉っぱもちょっと単調なのですが、使ってみたい花材ですね。

ドイツ語名は英語名と同じくサロモンの印章という名前がついています。印章とは、つまり判子のことですが、その昔のヨーロッパでは手紙に封をする時、蝋燭で溶かして封をした封蝋に押した、あれです。

写真のアマドコロは、とても小さくて、斜面に生えているので撮影に苦労するモデルさん。それでも素敵に撮れた時には、やっぱり嬉しくなる被写体です。

花写真


使用カメラ NikonD7100
撮影地 南西ドイツ

☆この記事は主にドイツ(ドイツ南西部)で見た花を撮影して構成しています。別の地での撮影した写真を掲載の際には可能な限り明記をするようにしています。
☆このブログを通じて、花はどこでも咲くということを実感していただけたら幸いです。
☆写真の著作権は運営者であるHanaKokoroにあります。掲載写真の無断利用を禁止しております。

花名:和名、学名、ドイツ語、英語

和名:アマドコロ(甘野老)
別名:キツネノチョウチン、チョウチンバナ
科 属名:キジカクシ科 アマドコロ属
学名:Polygonatum odoratum
ドイツ名:Echte Salomonssiegel, Wohlriechende Weißwurz oder Duftende Weißwurz
英名:Angular Solomon’s seal or scented Solomon’s seal

原産地

中国とその他地域

花言葉

「小さな思い出」「元気を出して」「心の痛みの分かる人」