イヌバラ(犬薔薇)Rosa canina ヨーロッパ原産で薔薇の原種のひとつ

花写 Photo

初夏には涼しげな花を咲かせ、秋には印象的な赤い実がなる樹木です。薔薇の原種のひとつで、ヨーロッパでは接木の台木に使われます。

接木に使われる、といった経緯からなのか、ドイツ語名、英語名さらには和名にも犬という名前がついており、一説には犬という冠には、価値のないとか、品性のないとかという意味があるそうです。

なんとも勝手な言い草ですよね。

そしてイヌバラに関しては、狂犬病の治療に用いられたという謂れもあるようです。そうなると価値がないどころではありませんよね。

そんなことからなのか?和名やドイツ語名には別名も存在しています。

ちょっと安心しました。

花材としては花を使うよりも実を使う場合ば多いです。もちろん花も使えますが、デリケートなので散りやすく、いけている間にポロッとなる場合も。

そんな可憐な印象の花ので、やはりイヌバラというのは呼ぶのに抵抗があります。

花ポートレート

☆この記事は主にドイツ(ドイツ南西部)で見た花を撮影して構成しています。☆このブログを通じて、花はどこでも咲くということを実感していただけたら幸いです。☆写真の著作権は管理人にあります。無断利用を禁止しております。

2020年5月中旬撮影

使用カメラ Nikon D7100
撮影地 ドイツ南西部

基本情報

和名:イヌバラ(犬薔薇)
別名:ロサ・カニーナ
科 属名:バラ科 バラ属
学名:Rosa canina
ドイツ名:Hunds-Rose, Hagrose, Heckenrose oder Heiderose Linde
英名:Dog rose

ドイツにおける背丈

200cmから300cm

ドイツにおける開花期

5月から6月

ドイツにおける結実期

9月から10月

種類

落葉低木

原産地

ヨーロッパ、北アジア、北アフリカ

日本語の花言葉

「喜びと痛み」

モデルとして登場

ゲーテの詩「野ばら(Heidenröslein)」

いけばな

垂れ下がる傾向がるので、ひらくかたちの花型が扱いやすいかもしれません。

花:ローズヒップ(イヌバラの実)、アンスリウム、パイナップル、ワックスフラワー

+++++

花:ロサ・カニーナ(イヌバラ)、ヒゲナデシコ

+++++

花:コニファー、アンスリウム、リモニウム、ローズヒップ、ポインセチア

こちらはイヌバラの実(ローズヒップ)を短くして挿しています。赤を左右に繋ぐという役割です。