ピレネーフウロ(ピレネー風露) Geranium pyrenaicum

花名 Name

日当たりの良い場所に咲いていたピレネーフウロ。

5月下旬では背丈も30センチ以下でしたが、最高背丈はなんと70センチにもなるそうです。

花期も5月から10月までと長いので、暑い夏の間にだいぶ成長するようですね。

撮影時はほぼ寝っ転がっての撮影。砂利道なので正直手をつくだけで痛かったです。何か敷物でも持っていけば良いのでしょうが、ついつい忘れてしまいます。

ドイツへは比較的新しい植物で、1800年頃に観賞用の植物として栽培され帰化したそうです。いまではどこでも見られる花ですが、当時はきっと新種として珍重されたことでしょう。

日本へも観賞用として入り今は北海道でよく見られる花だそうです。

花写真 ポートレート

☆この記事は主にドイツ(ドイツ南西部)で見た花を撮影して構成しています。別の地での撮影した写真を掲載の際には可能な限り明記をするようにしています。
☆このブログを通じて、花はどこでも咲くということを実感していただけたら幸いです。
☆写真の著作権は運営者であるHanaKokoroにあります。掲載写真の無断利用を禁止しております。

2021年5月下旬撮影

使用カメラ Nikon D300
撮影地 ドイツ南西部

基本情報

和名:ピレネーフウロ
別名:
科 属名:フウロソウ科 フウロソウ属
学名:Geranium pyrenaicum
ドイツ名:Pyrenäen-Storchschnabel
英名: Hedgerow cranesbill or mountain cranesbill

ドイツにおける背丈

25cmから70cm

ドイツにおける開花期

5月から10月

種類

多年草または二年草

原産地

南ヨーロッパの山々、ピレネー山脈、南アルプス、地中海とコーカサスの山々

花言葉

日本語の花言葉

「変わらぬ信頼」