アナカンプティス・ピラミダリス Anacamptis pyramidalis

花名 Name

この花を見かけたのは一度だけで、また本数も少なかった割にはその花姿が特徴的だったので覚えています。

ピラミッド状に花が咲いていて、とてもユニークだなという第一印象です。

中央ヨーロッパでは、温暖な気候、乾燥した草地、低木林だけでなく、湿った牧草地のある土地に生息しているそうですので、また会う機会があると期待しています。

学名のAnacamptisは、ギリシャ語の「anakamptein」に由来し「前屈」を意味し、pyramidalisはラテン語で、「ピラミッド型」という意味だそうです。

花写真 ポートレート

☆この記事は主にドイツ(ドイツ南西部)で見た花を撮影して構成しています。別の地での撮影した写真を掲載の際には可能な限り明記をするようにしています。
☆このブログを通じて、花はどこでも咲くということを実感していただけたら幸いです。
☆写真の著作権は運営者であるHanaKokoroにあります。掲載写真の無断利用を禁止しております。

2017年6月上旬撮影

使用カメラ Nikon D7100
撮影地 ドイツ南西部

基本情報

和名:
別名:アナカンプティス・ピラミダリス
科 属名:ラン科 アナカンプティス属
学名:Anacamptis pyramidalis
ドイツ名:Pyramiden-Hundswurz, Pyramidenorchis, Spitzorchis, Kammstendel oder Pyramidenstendel
英名:Pyramidal orchid

ドイツにおける背丈

20cmから40cm

ドイツにおける開花期

5月から7月

種類

多年草

原産地

ユーラシア南西部

花言葉

日本語の花言葉

—–