シロタエギク(白妙菊)Senecio cineraria 花よりも涼しげな白い葉が特徴的

花名 Name

鉢で売っているこの花ですが、花というよりもシルバーな葉っぱの方が特徴的でさながら冬の霜で輝いているかのようです。

ただし霜に弱い植物ですので冬の間は室内に取り込む必要があります。また花ですが、2年目以降に咲くということで写真の機会はなかなかないのですが、一度だけこの鉢を育てたことがあって花が咲いたのは見たことあります。

正直なところ、また個人的には花より葉っぱの方が良いと言いますか、花は黄色い小さい花が咲いて、あまり特徴と言いますか、かなり普通です。花が咲くと株全体が高くなるので切っていたら枯らしてしまいました凹

花材的にも装飾的に使える葉っぱだと思います。残念ながら使う前に使えなくしてしまったのですが、このシルバーの葉でのいけばなはクリスマスなんかに良いのではと思いますし、また先ほど言いました通り、寒さを表現するいけばなとしても使えそうです。

ということで次回見かけたらぜひ求めたいお花です。

花ポートレート

☆この記事は主にドイツ(ドイツ南西部)で見た花を撮影して構成しています。別の地での撮影した写真を掲載の際には可能な限り明記をするようにしています。
☆このブログを通じて、花はどこでも咲くということを実感していただけたら幸いです。
☆写真の著作権は運営者であるHanaKokoroにあります。掲載写真の無断利用を禁止しております。

2015年10月中旬撮影

使用カメラ Nikon D7100
撮影地 ドイツ南西部

基本情報

和名:シロタエギク(白妙菊)
別名:ダスティーミラー、セネシオ・シネラリア(セネキオ・キネラリア)
科 属名:キク科 セネシオ属
学名:Senecio cineraria(syn. Jacobaea maritima)
ドイツ名:Weißfilzige Greiskraut, Silber-Greiskraut, Silberfarbiges Greiskraut, Zweifarbiges Greiskraut, Silberblatt oder Aschenpflanze
英名:Silver ragwort or dusty miller

ドイツにおける背丈

15cmから40cm

ドイツにおける開花期

5月から8月、ただし2年目以降に開花する

種類

半低木、一年草

原産地

地中海

その他

霜に弱い

花言葉

日本語の花言葉

「穏やか」「あなたを支えます」