フロミス・ルッセリアナ Phlomis russeliana エルサレムセージの大判

花写 Photo

花壇で見つけたこの花は、色といい、形といい、とても目を引く存在でした。

背丈が1メールトにもなるので、花壇後方がおすすめだそうで、ですので撮影は遠くからとなっています。

もっと花に寄りたかったのですが、そんな理由でこれ以上の接近はだめでした。

別名ではラージエルサレムセージと呼ばれています。ちなみにエルサレムサージ(学名:Phlomis fruticosa)ですが、この花の別名には、フロミス・フルティコサ(学名のカタカナ読み)や キバナキセワタ(黄花被綿)という名前がついています。

また両者とも「セージ」と名前がつきますが、シソ科 アオギリ属(学名:Salvia)ではありません。葉や花の姿が似ていることからセージと名付けられたそうです。

またまたややこしいですね。

花ポートレート

☆この記事は主にドイツ(ドイツ南西部)で見た花を撮影して構成しています。☆このブログを通じて、花はどこでも咲くということを実感していただけたら幸いです。☆写真の著作権は管理人にあります。無断利用を禁止しております。

2020年5月中旬撮影

使用カメラ Nikon D7100
撮影地 ドイツ南西部

基本情報

和名:
別名:ラージエルサレムセージ
科 属名:シソ科 フロミス属
学名:Phlomis russeliana
ドイツ名:Syrisches Brandkraut, Russel-Brandkraut
英名:Turkish sage

ドイツにおける背丈

80cmから100cm

ドイツにおける開花期

6月から7月

種類

多年生

原産地

トルコ

日本語の花言葉

エルサレムセージの花言葉「清楚」「前向きな心」