オリエンタルポピー Türkischer Mohn

花名(Flower Photos)
この記事は約2分で読めます。

オリエンタルポピーはドイツの庭先でも人気のひとつ。初夏になり、爽やかな風が吹き始めると咲き出して、庭先を一気に明るい雰囲気へとしてくれます。

花が咲くまでの間も成長が楽しめる花。まずは春頃に葉っぱが徐々に増え、次に蕾がニョキッと伸び、膨らんでくると、花が一気に咲き出す。。。そんなお花です。

咲くとその存在感には圧倒され、遠目からでもオリエンタルポピーだと分かるくらいの大きさ。花色は赤が主流ですが、他にも白、ピンク、オレンジもあります。

いけばな花材として使ってみたいお花ですが、開花期がとても短いのです。それこそ切ってしまうのが惜しいので、いまだに使ったことはありません。ですが、このオリエンタルポピーでなければダメだ、というような生け花であれば使ってみたいとは思っています。これも出会いというのでしょうかね。

さて写真のモデルとしては、なかなかに難しいお花だと思います。花が大きいですし、どの角度から見ても同じ様で、なんとなく特徴がとらえにくい。それでも花弁がペーパークラフトのような感じなので、それを上手く撮れればと何度も挑戦したのですが、ちょっと表現が足りない?感じでしょうかね。

そして4枚目は、フェンスの向こう側に(揺らめいてるのはフェンスです)、二本の赤いオリエンタルポピーが寄り添っているように咲いていました。小さい方のポピーには蕾の殻がまだ付いていて、なんだか初々しい感じがしましたし、ベレー帽の様にも見えて、それを上手く撮れればとと思いましたが、どうでしょうか。

花写真

使用カメラ NikonD7100
撮影地 南西ドイツ

☆この記事は主にドイツ(南西ドイツ)で見た花を撮影して構成しています。☆このブログを通じて、花はどこでも咲くということを実感していただけたら幸いです。☆写真の著作権は管理人にあります。無断利用を禁止しております。

花名:和名、学名、ドイツ語、英語

和名:オニゲシ(鬼芥子)
別名:
科 属名:ケシ科 ケシ属
学名:Papaver orientale
ドイツ名:Türkischer Mohn, Morgenländischer Mohn, Orientalischer Mohn, Garten-Mohn, Stauden-Mohn und Feuer-Mohn
英名:Oriental poppy

原産地

イラン、東トルコ、コーカサス

花言葉

「妄想」「夢想家」「繁栄」「優しい愛」

この記事が気に入ったら最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
花名(Flower Photos)
HanaKokoroをフォローする
スポンサーリンク
IKEBANA 花こころ Germany
タイトルとURLをコピーしました