オオイヌノフグリ(大犬の陰嚢)Persischer Ehrenpreis

花写名 Photo&Name

ドイツでは6月から12月までの長い間に楽しめ、葡萄畑や草原など広範囲に渡って咲く花です。ドイツ語ではPersischer(ペルシャの)とEhrenpreis(栄誉賞、優等賞)という単語から成る名前が付いています。

日本語は花の形からオオイヌノフグリ(大犬の陰嚢)という花にとってちょっと迷惑な名前ですが、ドイツ語はかっこいいかもと思いました(ちょっと言いにくいですが…)。

スポンサーリンク

花写真

☆この記事は主にドイツ(ドイツ南西部)で見た花を撮影して構成しています。☆このブログを通じて、花はどこでも咲くということを実感していただけたら幸いです。☆写真の著作権は管理人にあります。無断利用を禁止しております。

使用カメラ Nikon D7100
撮影地 ドイツ南西部

和名、学名、ドイツ語、英語

和名:オオイヌノフグリ(大犬の陰嚢)
別名:ホシノヒトミ(星の瞳)、ルリカラクサ(璃唐草)、テンニンカラクサ(天人唐草)
科 属名:オオバコ科 クワガタソウ属
学名:Veronica persica
ドイツ名:Persischer Ehrenpreis
英名:birdeye speedwell, common field-speedwell, Persian speedwell, large field speedwell, bird’s-eye, or winter speedwell

原産地

ヨーロッパ

花言葉

「忠実」「信頼」「清らか」