セイヨウキョウチクトウ(西洋夾竹桃)Nerium oleander 強力な生命力と毒を持ってるので鉢植えがオススメ

花写名 Photo&Name
この記事は約2分で読めます。

真夏でも花を咲かして庭に彩を与えてくれる花ですが、ドイツで地植えというよりかは鉢植えで見かける方が多い花です。

かなり大きな鉢植え、あれは何号なのか見当がつきませんが、台車がないと動かせられない大きさです。よく見かけるのはテラスであったり、公園のちょっとした広場であったりします。

わたしが持ってる植物の本では室内植物に分類されていました。明るい冬場や5から8度までは耐寒性があるようです。それ以下になる場合には室内での保管ということになります。

葉っぱは細長いので、日除けというよりもちょっとした目隠し程度?と個人的には感じます。

強力な毒を持っており、植物全体はもちろん植えた土にも影響があるそうなので、いけばなでは使えないお花です。この花を見ていると蜂や蝶が寄ってきません。彼らも毒があるのだと知っているということです。

自然はなかなかに興味深いですね。

スポンサーリンク

和名、学名、ドイツ語名、英語名

和名:セイヨウキョウチクトウ(西洋夾竹桃)
別名:
科 属名:キョウチクトウ科 キョウチクトウ属
学名:Symphytum officinale
ドイツ名:Oleander, auch Rosenlorbeer
英名:Nerium or oleander

背丈、開花時期

ドイツにおけるこの花の…
背丈は200から700cm
開花期は5月から9月

種類

室内植物

原産地

地中海

日本語の花言葉

キョウチクトウ(夾竹桃)学名Nerium oleander var.indicum の花言葉
「用心」「油断大敵」「危険な愛」

ドイツ語の花言葉

——

花写真

☆この記事は主にドイツ(ドイツ南西部)で見た花を撮影して構成しています。☆このブログを通じて、花はどこでも咲くということを実感していただけたら幸いです。☆写真の著作権は管理人にあります。無断利用を禁止しております。

2020年6月中旬撮影

使用カメラ Nikon D300
撮影地 ドイツ南西部