ネリネ(Nerine)花びらが輝くことからダイヤモンドリリーとも呼ばれる

花名 Name

繊細な花びらは、どことなく儚げな印象です。

このお花はお花屋さんで出会い、今年のクリスマスいけばなに使いました。くるくるした花びらはリボンのようにも見えます。

南アフリカ原産なので鉢植えがおすすめだそうですが、葡萄の産地であれば地植えも可能だそうです。冬の間は植田箇所を保護する必要がありますが、それで越冬できれば嬉しいですね。

花の開花期が秋なので、花の少なるなる時期と重なるため庭に彩を与えてくれる可愛いお花です。

ヒガンバナ科なので、日本で見られるヒガンバナとは仲間になります。ちなみにドイツで彼岸花を見たことなはまだありません。

ダイヤモンドリリーと呼ばれるネリネもあり、こちらは花びらが少し幅広でキラキラしている品種改良のネリネです。

こちらのダイヤモンドリリーもお花屋さんで出てくるのを期待したいですね。

花ポートレート

☆この記事は主にドイツ(ドイツ南西部)で見た花を撮影して構成しています。別の地での撮影した写真を掲載の際には可能な限り明記をするようにしています。
☆このブログを通じて、花はどこでも咲くということを実感していただけたら幸いです。
☆写真の著作権は運営者であるHanaKokoroにあります。掲載写真の無断利用を禁止しております。

2020年12月上旬撮影

使用カメラ Nikon D7100
撮影地 ドイツ南西部

基本情報

和名:なし
別名:ネリネ、ダイアモンドリリー
科 属名:ヒガンバナ科 ネリネ属
学名:Nerine
ドイツ名:Nerinen oder Guernseylilien
英名:Nerines, Guernsey lily, Jersey lily, spider lily

ドイツにおける背丈

30cmから80cm

ドイツにおける開花期

9月から11月

種類

宿根草

原産地

南アフリカ

日本語の花言葉

「華やか」「可愛い」

いけばな