ナタネタビラコ(菜種田平子)Lapsana communis subsp. intermedia

花名 Name

写真はナタネタビラコの亜種(subsp.)で、学名にはインターメディアと付きます。

Intermediaとは、品種の一種。植物の学名にはxxx Intermediaと名付けられたのが多くあります。似ているけどちょっと違う、という区別な気がいたします。

この亜種でないLapsana communisは、茎の色が緑ですが、こちらは茎が黒くなっています。こちらの方が個人的には好み。

写真を撮るときも茎が黒いので、花が浮かび上がるように撮れます。シックな感じとでも言うのでしょうか。

いけばな花材としては使う機会がないのですが、ちょうど花盛りに合えば使ってみたいお花です。

花写真 ポートレート

☆この記事は主にドイツ(ドイツ南西部)で見た花を撮影して構成しています。別の地での撮影した写真を掲載の際には可能な限り明記をするようにしています。
☆このブログを通じて、花はどこでも咲くということを実感していただけたら幸いです。
☆写真の著作権は運営者であるHanaKokoroにあります。掲載写真の無断利用を禁止しております。

2021年7月上旬撮影

使用カメラ Nikon D7100
撮影地 ドイツ南西部

基本情報

和名:ナタネタビラコ(菜種田平子)
別名:
科 属名:キク科 ナタネタビラコ属
学名:Lapsana communis subsp. intermedia
ドイツ名:Gemeine Rainkohl, Gewöhnlicher Rainkohl oder Rainkohl
英名: Common nipplewort

ドイツにおける背丈

50cmから100cm

ドイツにおける開花期

6月から8月

種類

多年草

原産地

南西アジア、南東ヨーロッパ

花言葉

日本語の花言葉