ジューンベリーの仲間 ラマルキー Kupfer-Felsenbirne

花名(Flower Photos)
この記事は約2分で読めます。

日本でジェーンベリーというとAmelanchier canadensis をさしますが、こちらもジェーンベリーの品種の一つで学名はAmelanchier lamarckii、日本での通称は学名から取ったラマンスキーと付けられています。

ドイツ語名はKupfer-Felsenbirneです。Kupfer(こーぱー)とは銅のことですが、正直なところはてな(?)です。多分ですが、実が赤いので銅?それとも葉っぱがすでに赤茶色なので、銅?なのかなと。Felsenbirne(ふぇるぜんびあね)はザイフリボク属という意味に。

そして、この写真を撮った時には、まだ寒い春先でした。白い華やかな花を咲かせるラマルキーは日本で人気の高いジューンベリーの仲間。春先といえば、まだお天気が安定せず曇り空が続きますが、その中で見る華奢な白い花は心を軽くしてくれます。そんな感じで写真を撮ってみましたが、なかなかに素敵なお花で、フォトジェニックでした。

実(み)の方は6月に小さなサクランボのようなのを付けるようですが、じつはまだ撮ったことがありません。きっと今頃実がなっているかなと思います。

花写真


使用カメラ Nikon D7100
撮影地 南西ドイツ

☆この記事は主にドイツ(南西ドイツ)で見た花を撮影して構成しています。☆このブログを通じて、花はどこでも咲くということを実感していただけたら幸いです。☆写真の著作権は管理人にあります。無断利用を禁止しております。

花名:和名、学名、ドイツ語、英語

和名:ラマルキー
別名:
科 属名:バラ科 ザイフリボク属
学名:Amelanchier lamarckii
ドイツ名:Kupfer-Felsenbirne or (北ドイツでは) Korinthenbaum
英名: Juneberry, serviceberry, shadbush, snowy mespilus or snowy mespi

原産地

北アメリカ

花言葉

同じ種類であるジューンベリーの花言葉は
「穏やかな笑顔」 「穏やかな表情」

この記事が気に入ったら最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
花名(Flower Photos)
HanaKokoroをフォローする
スポンサーリンク
IKEBANA 花こころ Germany
タイトルとURLをコピーしました