カラフトホソバハコベ(樺太細葉繁縷)森に咲く小さい花 Stellaria graminea

花写名 Photo&Name

ドイツの黒い森は植物の宝庫と思えるほどに様々な草花が咲いています。今回の白い花もそうです。

黒い森は背の高い木々で覆われているので足元は日陰ばかりです。それでもこんな小さな花が咲いていると思わず足を止めて見入ってしまします。

ドイツ語名も英語名もほぼ同じ意味する単語から名前が付けられています。直訳すると星の草、でしょうか。英語名のstarwortを分解すると、star星、wort麦汁、草。

薄暗い森の中で咲いている(輝いている)星という名前がぴったりです。

和名は明治期に樺太で見つかったことから名付けられたそうで、日本では帰化植物となります。

スポンサーリンク

花名:和名、学名、ドイツ語名、英語名

和名:カラフトホソバハコベ(樺太細葉繁縷)
別名:
科 属名:ナデシコ科 ハコベ属
学名:Stellaria graminea
ドイツ名:PGras-Sternmiere oder Grasmiere
英名:common starwort, grass-leaved stitchwort, lesser stitchwort and grass-like starwort

背丈、開花時期

ドイツにおけるこの花の…
背丈は10から50cm
開花期は5月から7月

種類

宿根草

原産地

ヨーロッパ

花言葉

ハコベ全般の花言葉
「ランデブー」「愛らしい」

花写真

☆この記事は主にドイツ(ドイツ南西部)で見た花を撮影して構成しています。☆このブログを通じて、花はどこでも咲くということを実感していただけたら幸いです。☆写真の著作権は管理人にあります。無断利用を禁止しております。

2019年6月下旬撮影

使用カメラ Nikon D7100
撮影地 ドイツ南西部