カエデ(楓)・モミジ(紅葉)?いつも呼び名に迷う樹木 Ahorne

花名写真
この記事は約2分で読めます。

ドイツにおいてもカエデ(楓)を見る機会は多々あって、日本的なカエデというとやはり庭木、公園(日本庭園にはもちろん)として見ることができます。園芸店でも購入することは可能です。

私も先日園芸店にてイロハモジを買ったので、地植えにするのを待っている状態です。その我が家のイロハモジですが、まだ小さいということもあってなのか、乾燥のせいで葉っぱがチリチリになってきてしまいました。この環境に早く慣れてくれればいいなと思うこの頃です。

写真のカエデは我が家のではないのですが(^_^;)、春先に花が咲いていたので撮った写真です。3枚目以降は別のカエデで、昨年の晩夏の頃に撮った写真です。

庭に彩りを添えるカエデ、特に日本的なのが個人宅にも増えているように思えるので、ここでも日本的なのを感じることができるようになってきました。

ちなみにドイツ語ではAhorne(あーほん)と読んでいて、カエデでもモミジでも一緒です。でも日本語ですとカエデ(楓)と呼んだり、モミジ(紅葉)と呼んだりしますよね。一応一般的な区分け?というのがあって、葉の切れ込みが深いのを「○○モミジ」、切れ込みが浅いのを「○○カエデ」と呼んでいるそです。なるほど〜(^_^)

花写真

使用カメラ Nikon D7100
撮影地 南西ドイツ

☆この記事は主にドイツ(南西ドイツ)で見た花を撮影して構成しています。☆このブログを通じて、花はどこでも咲くということを実感していただけたら幸いです。☆写真の著作権は管理人にあります。無断利用を禁止しております。

花名:和名、学名、ドイツ語、英語

和名:カエデ(楓)、モミジ(紅葉)
別名:
科 属名:ムクロジ科 カエデ属
学名:Acer
ドイツ名:Ahorne
英名:Maple

原産地

北半球の温帯地域

花言葉

「大切な思い出」「美しい変化」「遠慮」

この記事が気に入ったら最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
花名写真
HanaKokoroをフォローする
スポンサーリンク
IKEBANA 花こころ Germany
タイトルとURLをコピーしました