インパチェス・パルビフローラ Impatiens parviflora

花名 (Flower's Name)
この記事は約2分で読めます。

地元ですとぶどう畑の道端の日陰に鬱蒼と生えていて、いわゆるどこでも見られる花です。もちろん期間限定ですが。

和名ツリフネソウ(学名Impatiens textori)の仲間ですが、残念ながら和名は見つかりませんでした。ヨーロッパで見られることから西洋ツリフネソウと呼んでもよさそうですよね。

もっと似ている花というとキツリフネ(学名Impatiens noli-tangere)は花色も同じ黄色なので、どちらかと言ったら、こちれに似ているかもしれませんね。

ツリフネソウの仲間は世界に400種と言われているので、似ている花は多種あるということになります。

園芸種として身近なのはホウセンカ(鳳仙花)やインパチェンスです。

parvifloraとは「小さな」+「花」という合成語だそうです。Impatiensは「ツリフネソウ科」。ドイツ語のKleine Springkrautは、小さな春の草という意味です。

花名:和名、学名、ドイツ語名、英語名

和名:
別名:
科 属名:ツリフネソウ科 ツリフネソウ属
学名:Impatiens parviflora
ドイツ名:Kleine Springkraut, Kleinblütiges Springkraut oder Sibirisches Springkraut
英名:Small balsam or small-flowered touch-me-not

背丈、開花時期

ドイツにおけるこの花の…
背丈は30から60cm
開花期は6月から9月

種類

一年草

原産地

東アジア、シベリア

花言葉

ツリフネソウの花言葉
「私に触れないで」「期待」「心を休める」

ホウセンカの花言葉
「短気」「私に触れないで」

花写真

☆この記事は主にドイツ(ドイツ南西部)で見た花を撮影して構成しています。☆このブログを通じて、花はどこでも咲くということを実感していただけたら幸いです。☆写真の著作権は管理人にあります。無断利用を禁止しております。

使用カメラ Nikon D7100
撮影地 ドイツ南西部

この記事が気に入ったら最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
花名 (Flower's Name) 黄/橙の花
\ お役に立てられたらシェアお願いします /
\ HanaKokoroをフォローする /
スポンサーリンク
IKEBANA 花こころ Germany
タイトルとURLをコピーしました